【注目】第33回レディースチャンピオン開幕!注目選手や蒲郡の特徴、過去データまとめ

第33回レディースチャンピオン開幕プレミアムG1

1987年に創設された女子王座決定戦競走(通称レディースチャンピオン)。

女子選手限定競争で、12月に行われるクイーンズクライマックスと並び女子戦の最高峰競争です。

優勝者には翌年3月に行われる、ボートレースクラシックへの優先出走権が与えられます。

今年は8月7日(水)から8月12日(月)に愛知県のボートレース蒲郡で行われます。競走名通りその年の女子レーサーチャンピオン決定戦です。

今回はこのレースの注目選手や蒲郡競艇場の特徴などを見ていきましょう。

 

第33回レディースチャンピオンの出場資格は?

レディースチャンピオン出場資格

[st-kaiwa1]出場資格の詳細は主に3つになります。[/st-kaiwa1]

1つ目は、女子選手が対象となります。(当然ですね)

2つ目は、2018年6月1日から2019年5月31日までの期間で、勝率が上位の選手。(勝率選考)

もし勝率が同じであれば、級別関係なく着順点が高い選手が上位となります。

3つ目としては、

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 前年度レディースチャンピオン優勝者
  • G2レディースオールスター優勝者
  • 選考期間内のG3オールレディース優勝者

[/st-mybox]

この3項目に該当する選手には優先出走権が与えられます。

なお、レディースチャンピオンにも選出除外のルールもあって[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 選考期間内の出走回数100回未満の選手。※優先出場選手は免除
  • 選考期間内のスタート事故率0.40以上の選手
  • スタート事故による選出除外となる罰則期間が当該競走の前検日を含む開催期間と重複する場合
  • 負傷・病気・出産等により出場を辞退した選手
  • 褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手

[/st-mybox]

は、残念ながら出場することはできません。

2019年レディースチャンピオンの注目選手は

 

[st-midasibox title=”山川美由紀選手” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

昨年、ボートレース桐生で行われたレディースチャンピオンの優勝者。桐生水面を制した女王が夏の夜の蒲郡水面も制し、連覇&V5達成なるか。

[/st-midasibox]

[st-midasibox title=”寺田千恵選手” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

レディースオールスター優勝者で、かつ勝率第2位。レディースチャンピオンは2007年と2010年の2度制覇。この勢いのままV3達成か。

[/st-midasibox]

[st-midasibox title=”小野生奈選手” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

堂々の勝率第1位。今年も女子戦優勝3回と絶好調。2年ぶりの女王奪還へ。

[/st-midasibox]

[st-midasibox title=”長嶋万記選手” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

勝率第4位だが、今年は女子リーグ戦で優勝3回。さらに蒲郡での勝率は出場選手中トップ。相性のいい水面でビッグレース初優勝だ。

[/st-midasibox]


[st_af id=”5273″]

 

蒲郡競艇場の特徴とデータ

今回開催される蒲郡競艇場は周囲に風を遮るものがあるため、めったに強風が吹くことがない静水面です。

[st-minihukidashi fontawesome=”fa-file-text-o faa-float animated” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#f44336″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]あわせて読まれています[/st-minihukidashi][st-card id=2658 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

1マークのバック側が全国1の広さを誇り、2マークのホーム側も比較的広くできているので、静水面と合わせて全速で握って回れる水面なので、スピード感のあるレースが展開されます。

コース別の特徴ですが1コースの勝率は53%程度と平均よりやや高めです。

これは意外にもダッシュが利く水面のため、2m以上の風が吹くとアウト勢のサイドがかかり全速ターンが決まりやすくなるからです。

舟券予想の際には風向きと強さもチェックしましょう。

出目傾向は、1-2-3、1-3-4、1-3-2、1-2-4、1-2-5、1-4-2 あたりが狙い所でしょう。

レディースチャンピオンのドリーム戦出場メンバー

初日12レース目に行われるドリーム戦のメンバーが決定しています。

[st-mybox title=”レディースチャンピオン初日12レース” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

1号艇 4530 小野生奈 福岡
2号艇 3435 寺田千恵 岡山
3号艇 4502 遠藤エミ 滋賀
4号艇 4190 長嶋万記 静岡
5号艇 3845 中谷朋子 兵庫
6号艇 4050 田口節子 岡山

[/st-mybox]

以上のメンバーとなっています。

地元の愛知支部の選手が入っていないのがさみしいですが、素晴らしいレース期待してます。

[st-kaiwa4]個人的に私は「3999」の大瀧明日香選手のファンです![/st-kaiwa4]

先ほどの傾向とデータに基づいた、自分の初日12レース目予想はこちらです。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

1着 1号艇 小野生奈
2着 4号艇 長嶋万記
3着 2号艇 寺田千恵

[/st-mybox]

です。1-4-2ですね!当日の天候はまだわからないのですが、1号艇が順当に逃げ切り。

2号艇がまくりに行くも届かず流れたところに4号艇が全速でズバッと…行ってもらいたいものです。

第33回レディースチャンピオンのまとめ

真夏の夜、輝く水面で行われる女子レーサー達の熱い戦い。今からワクワクしますね。

ミニマム世代とベテラン世代の対決が屈指の静水面でどうなるのか。連覇か初戴冠か。

もっと情報が知りたいという方は、蒲郡ボートレース場のホームページに専用ページがすでに出来上がっていて、出場選手の情報やレース情報、優勝戦出場者インタビューなどがアップされる予定になってますので、そちらも要チェックです。

ボートレース蒲郡「レディースチャンピオン特設サイト」

レディースチャンピオンの予想で迷った時には

[st_af id=”5337″]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。